Back
 ★ヒナウタ★


歌集
Categories
Links
Favorite
 c3photo
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Profile
Wall Paper

hinautamemo

<< 平成31年2月詠草 | main | 平成31年4月詠草 >>
平成31年3月詠草

ふくろう歌会/3月詠草(佐藤羽美選)


たわいない通話のあとに目をつむる 君のことばの響きに抱かれ    岸谷潤子


亡き兄の遺せしレコード飾り置く「一年前は吹雪いていたね」    香坂靖子


久々に雪掻きいらぬ晴れた日は返却間近の本を読むなり    小林佳代


真夜中にベッドサイドに留めていた言葉の船が汽笛を鳴らす    佐藤ことり


病室で父と見ている天井に子どものときの青空ひらく    白乃 真


「元気での楽しかったよ」のこされた母の言葉が最後の贈り物    馬場鈴蘭

※ルビ:贈り物(ギフト)


プラタナス並木通りの枝の先パン屋「小鳥」の涼しい開店    堀 恵


ふくろう歌会では、題詠一首と自由詠二首の計三首を宿題としています。
 隔週二回の開催なので、月に六首つくっていただいています。

| ふくろう歌会 | 22:01 | comments(0) | - |