Back
 ★ヒナウタ★


歌集
Categories
Links
Favorite
 c3photo
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Profile
Wall Paper

hinautamemo

<< 平成30年11月詠草 | main | 2018年のおわり >>
平成30年12月詠草
ふくろう歌会/12月詠草(佐藤羽美選)

軒下の雪は屋根へと積み上がりフードの中から雀そろりと    岸谷潤子

暗き朝二羽の白鳥飛び去りて空に吸わるる鳴き交わす声    香坂靖子

九十二歳に派手かと思うブラウスを母は纏いて聖母に見ゆる    小林佳代

アンテナの整備不足で今回も受信出来ずに終わる恋愛    佐藤ことり

タンポポはバレリーナのごとひれ伏して十一月の雪に埋もれぬ    白乃 真

ゆるめればまん丸という素直さの輪ゴムで菓子のふくろをふさぐ    堀 恵

ふくろう歌会では、題詠一首と自由詠二首の計三首を宿題としています。
隔週二回の開催なので、月に六首つくっていただいています。
| ふくろう歌会 | 18:01 | comments(0) | - |